ケルセチン 効果

メタバリア お試し 10日間 | ケルセチンの効果とは!?

ポリフェノールの1種であるフラボノイド、ケルセチンはフラボノイドの1種で、

 

ビタミンP、に含まれています。

 

玉葱の外皮、モロヘイヤ、ブロッコリー、緑茶、赤ブドウ、リンゴ、ブルーベリーに多く含まれている成分です。

 

血管壁、毛細血管を丈夫にし、赤血球を活発に働かせます。ビタミンCを安定させ、抗酸化作用を手伝い

 

活性酸素を除去します。コレステロールの酸化を防ぎ、栄養や酸素が血管に出入りする機能を調整するので

 

高血圧予防、心臓病予防になり、膀胱炎、頭痛に良く、ヒスタミン抑制作用があることからアレルギー症状、

 

花粉症、喘息、蕁麻疹にも効き目があり、急の高熱、関節痛にも効果があります。

 

免疫システムを強化し、ガン予防ともなります。

 

脂肪を燃焼させるのでダイエット効果があり、腸内を健やかに、皮膚を丈夫にします。

 

なお、特許製法によるケルセチン組成物というのがあり、ケルセチン配糖体とプロトカテキュ酸とで構成され、

 

抗酸化作用、抗菌作用、紫外線カットがより強く働きます。

 

又、サントリーが研究したマメ科の植物エンジュから開発したケルセチンプラスというのもあります。

 

吸収力がより大きいです。関節痛を和らげたい方に。